【新型コロナウィルスを受けてGoogleが無料広告費クーポンの配布を検討】

1.どの規模で配布するのか?

新型コロナウィルスによる多大な影響を受けている昨今、Googleでは全世界の中小規模の企業へ向けて、合計3億4000万ドル(約360億円)の広告クレジットの提供をすることがわかりました。

この広告クレジットはリスティング広告等のGoogleでの有料広告に使用することができます。

Googleとしても広告を出稿している団体が減っている中で、将来的な需要の為に大きな金額を投下するようです。


2.対象の条件は?

気になるクーポンを貰うための条件ですが、現在発表されている条件については下記になります。

 

・2019年の12ヶ月中10ヶ月、および今年の1月または2月にGoogleに直接またはパートナーを通じて広告を掲載している

 

・Google広告アカウントで費用が発生し広告掲載のポリシーを遵守している

 

・世界各国の中小企業

 

対象となる企業の選定などは現在Googleで行っており、5月下旬から段階的に広告クレジットが通知、展開され始める予定です。

配布されるか否かはGoogleに決められるので願うしかないです。

 

有効期限は年内を予定しており、テイクアウト、デリバリーなど現在の市場にあわせた広告の打ち出しに活用されることが目的になります。

 

3.まとめ

 

このように世界的な大企業もコロナウイルスの影響を踏まえて大きな打ち出しを行っています。

 

このサイトでは適宜こういったWeb集客に関する最新情報を更新するので、是非ブックマーク登録をしてください。

資料請求・お問い合わせ