Googleマイビジネス。現在、注意すべきアカウントへの対応について

1.メニューをテイクアウト・デリバリー用のものを掲載


下図は現在Googleマイビジネスでテイクアウトなどを検索した状態になります。
通常の店舗情報とは別に、メニューのリンクをクリックすることが可能です。これを押すとGoogleマイビジネスで登録しているメニューが表示されますが、テイクアウト用メニューを掲載する必要があります。

2.営業時間、営業状況の情報を正確に更新


営業時間の変更や、休業状態へのステータスの変更など現在の営業状況にGoogleマイビジネスの情報を整える必要があります。
 正しい更新がされてないと営業しているようにみえて営業していない状況が発生し、ユーザーより情報の修正が申請されます。あまりにもこれらのユーザーによる上方修正が多いと、アカウントが停止になっているケースも発生しております。

また、先日の記事の様に、「デリバリー」や「テイクアウト」を提供しているかなども設定することでGoogleマップを使用されている方に適切な情報を提供できますので、活用してみてください。

3.まとめ


 間違った店舗情報を提供してしまうと、せっかく来てくださったお客様等に後悔をさせてしまうことになってしまいます。
 先が見えない状況ではありますが、コロナウイルス明けに来店して頂くためにも、SNSを含めたWebサービス上で発信することは大切です。
短期的に目が行きそうな時期ではありますが、コロナウイルス終息後の売上を考えてみてはいかがでしょうか?

資料請求・お問い合わせ