GMB(Googleマイビジネス)にコロナウイルスの関連の健康・安全の属性が追加

GMBにコロナウイルス関連の新たな属性が追加されました。以前の属性の追加時は「テイクアウト」「イートイン」など飲食店を運営されている方に大きな影響を与えました。

この記事からわかること

  • GMBの属性とは何かがわかる
  • GMBの属性の設定方法がわかる
  • 新たに追加されたGMBの属性がわかる

1.GMBの属性とは?

GMBの属性とは、店舗の特長をユーザーに伝えるため、さまざまな「属性」を設定することができます。たとえばテラス席やWi-Fiの有無などの表示が可能です。関連性の高い正確な属性情報をGMBページに追加することで、オンラインで管理しているGMBページをアピールすることができます。

 

属性は、Google検索とGoogleマップのGMBページに表示されます。一部の属性(「テラス席がある」「テイクアウト」など)は、携帯端末でお店を探しているユーザーにわかりやすいよう、アイコンで表示されます。

 

GMBページに属性を追加することで、Google検索やGoogleマップで検索された属性を持つ店舗が検索結果に表示される可能性があります。

2.GMBの属性の設定方法

手順①:GMB管理画面を開きます

手順②:赤枠横の鉛筆マークをクリックします

手順③:適した属性を設定し、「適用」をクリックします

3.GMBの追加された属性

コロナウイルス関連の健康・安全の属性が追加されました。

「スタッフの検温があるか」「スタッフのマスク着用」「検温」等コロナウイルスによって今や当然のように行われているコロナウイルス対策を実施しているか否かを登録することができます。

これらの属性を設定することによって、お客様への安心感を与えることができ、登録されていない店舗と比較された際の来店率上昇などのメリットが考えられます。

4.まとめ

今回はGMBに新しく追加された「属性」について紹介いたしました。

属性ではGMBページに掲載できる店舗情報だけでは伝えることが難しい詳細な情報までGMBページに掲載することができ、ユーザーに発信することができます。

 

しかし、多店舗を管理されている店舗運営者の方は各GMBページの属性を始めとした店舗情報の登録を行う必要があるかと思います。店舗ごとに情報を更新する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

資料請求・お問い合わせ