GMB(Googleマイビジネス)運用ーローカル検索広告について

今回はローカル検索広告についてご紹介します。GMBとローカル検索広告を使用することによってPV数や各種の数値を最大化することができます。

 

この記事からわかること

  • ローカル検索広告とは何かがわかる
  • ローカル検索広告とGMBを使用する事による利点がわかる

1.ローカル検索広告とは?

ローカル検索広告とは、こちらの記事でも紹介しているようにGoogleの広告でビジネス拠点を表示することで、ユーザーによる来店や電話による問い合わせを促すことができます。ユーザーがGoogle検索やGoogleマップで近隣の店舗(「近くにあるコーヒー ショップ」など)を検索した際に、管理しているビジネス拠点をローカル検索広告に表示することができます。端的に言うとGoogleマップ上でのリスティング広告です(リスティング広告についてはこちらの記事をご覧ください)。

参考:Google広告ヘルプ「ローカル検索広告について

 

2.ローカル検索広告とGMBを使用する事による利点

ローカル検索広告を利用することで指定した検索ワードで最上部に掲載することができるため、PV数は上がります。しかしPV数が上昇しても実際の来店が目的の店舗様がほとんどだと思います。GMBを継続的に管理、運用することで来店に繋がるGMBページを作成することでよりローカル検索広告の効果を実感することができるでしょう。GMBページは無料で管理、運用することが可能ですので、絶対にローカル検索広告を使用する理由はありませんが、ローカル検索広告を使用することで更なる効果も期待できますので、GMBページの管理、運用に充分に手が回っており、更に効果を実感されたい方は是非ご使用くださいませ。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はローカル検索広告とGMBページの利用についてご紹介しました。

是非ご興味のある方は弊社へお問い合わせくださいませ。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用やローカル検索広告の運用に手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

 

資料請求・お問い合わせ