2020年12月GMB(Googleマイビジネス)最新情報ーメッセージ機能

今回はGMBのメッセージ機能の最新情報についてご紹介いたします。メッセージ機能はGMBアプリでのみGMB管理者は使用することができましたが、新たな機能が追加されました。ガイドラインなど詳細についてはこちらの記事でもご紹介していますので、是非ご確認くださいませ。

この記事からわかること

  • GMBのメッセージ機能とは何かがわかる
  • GMBのメッセージ機能の最新情報がわかる

1.GMBのメッセージ機能とは

GMBのメッセージ機能とは、ユーザーがGMBページからリアルタイムでGMB管理者へメッセージを送ることができる機能です。メッセージ機能ではユーザーからの質問に答えたり、ビジネスについて説明したり、来店を促進したりすることができます。メッセージは、ユーザーとコミュニケーションを図るのに最適な機能です。ユーザー、店舗管理者のお互いが便利に気持ちよく使えるよう、メッセージのガイドラインを遵守する必要があります。

 

参考:Googleマイビジネスヘルプ「メッセージを読み、返信する

2.GMBのメッセージ機能の最新情報

前回の記事でご紹介したインサイトレポートの更新とともにGMBのメッセージ機能もアップデートしました。

GMBでメッセージ機能をオンにすると、「投稿」タブのビジネスのメッセージ欄からGoogleマップのユーザーに返信できるようになります。タブには、ユーザーが管理しているGMBページにメッセージを送るためのメッセージボタンが表示されます。 

投稿機能では、ユーザーが投稿から直接あなたのビジネスにメッセージを送るためのメッセージボタンも表示しています。

また、ユーザーが管理しているGMBページに電話をかけて不在であった場合、代わりにメッセージを送信するかどうかを聞かれます。

ビジネスのオーナーはGMBアプリ(以前は唯一の方法)、Googleマップ、Google検索に返信できるようになりました。

以前は、メッセージ機能をオンにする方法はGMBアプリのみでしたが、Web版のGMBのダッシュボードからもメッセージ機能をオンにすることができるようになりました。

参考記事:Local University ー「New Google My Business Messaging Options

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

コロナウイルスが猛威を奮っている現在では、店舗の状況などをできるだけオンラインで確認できるようにすることで店舗スタッフ、ユーザー共に感染拡大防止に努めることができます。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用やローカル検索広告の運用に手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

資料請求・お問い合わせ