GMB(Googleマイビジネス)を運用をするメリット

1.GMBのメリット

1-1.GMBのメリット①:口コミの信頼性が高く、来店検討中のユーザーに閲覧してもらえる

2019年10月ころ話題になった食べログの「評価操作」疑惑のように、各媒体の口コミの評価の信憑性が揺らいでいます。対してGMBページの口コミの評価は完全に定量的評価の為、投稿された口コミの星の数平均が星の評価として表示され、ユーザーからの信憑性が高く、多く読まれます。

また、こちらの記事に記載の通り、ユーザーの90%がインターネットで実店舗を検索し、82%のユーザーが実店舗の口コミを参考にしています。

 

参考:ASCll.jp「食べログ「高評価はカネ次第」疑惑勃発、騒動の原因はどこに?

関連記事:MEOクラウド「Googleマイビジネスにおける口コミの重要性

1-2.GMB運用のメリット②:検索から電話や経路案内ができる

GMB運用で利用されるGMBページはGoogle検索上、Googleマップ上で電話、経路案内がすぐできる仕様になっている為、GMBページを閲覧している人は予約の電話や、そのまま経路案内などを行うことができるため、魅力的なGMBページを運用することで即時の来店へ繋がりやすくなります。

1-3.GMB運用のメリット③:GMBの利用は0円でできる

GMB運用で使用するGMBページは利用するだけでは0円で行うことができます。代理店委託を行う場合は追加で費用が必要になりますが、GMBページを自社で運用、管理する場合では費用が掛かりませんので、GMBページを利用していない店舗運営をされている方は是非利用してください。

2.GMB運用のメリット

2-1.GMB運用のメリット①:検索画面上部での掲載が可能

GMB運用のメリットの1つに検索画面上部での掲載が可能という事が挙げられます。上記の資料のように、リスティング広告の下、SEOの上という無料で掲載する媒体の中では最上部に掲載することができ、ユーザーにリーチすることができます。

2-2.GMB運用のメリット②:比較される競合店舗が少ない

GMB運用では検索ワードで表示される店舗は1ページにつき最大20個です。しかし、SEO対策などでは、10個のWebサイトと各媒体に掲載されている店舗数を10個とすると100個もの店舗と比較します。例えば、飲食店の場合、SEO対策で各ポータルサイトとの勝負になり、飲食店のHPは巨大なポータルサイトにSEO対策で勝つことはかなり困難になります。また、各ポータルサイト内でも同じ業界の競合店舗と順位で競う必要がある為、来店していただく為にはかなり困難なものとなります。されるため、しかし、GMB運用ではSEO対策をする必要はなく、競合店舗と純粋に競うことになる為、SEO対策よりGMB運用の方がSEO対策より比較される競合店舗が少なくなります。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はGMBのメリット・GMBを運用するメリットについてご紹介いたしました。

GMBの利用、掲載するメリットがご理解いただければ幸いでございます。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用や手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly(カンリー)」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

資料請求・お問い合わせ