GMB(Googleマイビジネス)が注目されている理由

1.GMBが注目されている理由①:集客

1-1.検索画面上部での掲載が可能

添付画像に記載の通り、Google検索で検索した際に上から「リスティング広告」「GMB」「SEO(ウェブページ)」と順に掲載されるため、無料で使用できる媒体の中では最上部にGMBは掲載することができ、より多くのユーザーにリーチすることができます。

1-2.GMB経由でのネット予約が主流に

「Googleで予約」の連携プロバイダ増加に伴ってGMB経由でネット予約が主流になっています。予約台帳とGMBと連携することによってGMBから直接予約を行うことが出来るようになりました。また、連携するプロバイダは飲食サイト、美容系サイトを始めとしてホテルや医療、交通機関(飛行機)などと日々新規の連携が進んでいます。

GMBページから直接予約をすることが出来るようになったことにより、電話や経路案内、予約と来店のチャネルを網羅的にGMBページから利用できるようになり、さらにGMBの利便性が高まりました。

参考:Googleで予約

   「Googleで予約」とは?

2.GMBが注目されている理由②:ユーザー数

2-1.Googleマップの利用者増加

上記の表は年間のアプリ利用時間トップ10です。GoogleマップはLINE,YouTubeに次ぐ第3位となっており、スマートフォン利用時間の60%をGoogleマップに利用していることがわかります。

参考:2019年12月19日 TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN

2−2.インバウンド(海外旅行客)集客に有効

海外のTHEMANIFEST社の調査によると、Googleマップは世界で最も使用されている地図アプリとなっています。Googleマップはユーザーが使用しているスマートフォン、PCの言語設定に合わせて情報を自動で翻訳する為、管理工数が増えることなく、インバウンド(海外旅行客)の集客にも有効です。

参考:海外コンサル会社THEMANIFEST調査

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はGMBの注目されている理由についてご紹介いたしました。

GoogleマップやGoogleマイビジネスの利用率や効果がとても高いことがお伝えできていれば幸いです。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用や手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly(カンリー)」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

資料請求・お問い合わせ