新規口コミのラベルテスト実装について

この記事からわかること

  • 口コミの新規ラベルがテストされている
  • 新規扱いがいつまでなのか
  • 口コミの重要性について

1.レビュー(口コミ)を「新規」として表示されるテスト

潜在的なユーザーの目に留まりやすいように、Googleマイビジネスの口コミ欄に「新規」だと見分けることのできるラベル機能がテストされています。

このラベルは検索したユーザーに表示されるもので、最近利用したユーザーの口コミが目立つように設計されていると推測されます。

管理しているオーナー向け表示ではないため、あくまで検索時に表示されるラベルのようです。

参考:SEARCH ENGINE ROUNDTABLE(https://www.seroundtable.com/google-local-reviews-tests-new-label-30553.html

 

2.いつからいつまでがが「新規」扱いなのか

以下の画像から見れるように、3週間まで(4週間以下)が「新規」として扱われ、表示されていることから、基準となる箇所が3〜4週間となりそうです。

 

 

3. 口コミの重要性

利用者にとって口コミは、サービスの重要な判断基準になっています。

 

3-1.評価基準

その上で最も重要なレビュー要素としては、以下の順序となっています。

口コミの 評点 > 正当性 > 最新性 > 感情 > 数

 

3-2. 口コミの評点がユーザーに与える影響

 

アメリカのSEO会社、Bright Local社のユーザー調査結果によると、Googleマイビジネスページに寄せられる口コミの平均点数が4点未満の店舗を利用検討するユーザーは48%しかいないという結果が出ています。

一方で、4以上(〜4.5未満)の点数があれば76%のユーザーが利用検討することから、集客の観点上、口コミの平均点数は4以上を目指すのが一つの目標と言えそうです。

 

3-3. 口コミの参考度合

先述の「新規」口コミについては、利用者の73%が先月に書かれた口コミを参考にしているとの統計も出ています。

 

参考:Bright Local(https://www.brightlocal.com/research/local-consumer-review-survey/

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は新規口コミ表示テストについてご紹介いたしました。

 

GMBの利用、掲載するメリットがご理解いただければ幸いです。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用や手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly(カンリー)」というサービスを提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧ください。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

 

資料請求・お問い合わせ