2020年12月GMB(Googleマイビジネス)最新情報ーインサイトデータの更新

こちらの記事でもご紹介したように、順次インサイトデータが更新されるとの発表が以前ありました。今回はインサイトデータの更新内容の1つが発表されましたので、本記事にてご紹介いたします。

この記事からわかること

  • GMBのインサイトデータとは何かがわかる
  • GMBのインサイトデータの最新情報がわかる

1.GMBのインサイトデータとは

GMBのインサイトでは、管理しているGMBページがウェブ上でどのように検索されたかを確認できます。ビジネス情報の検索にはGoogle検索やGoogleマップが使われることが多いため、インサイトではユーザーがそうしたGoogle サービスでお客様のビジネス リスティングをどのように検索し、その後にどのような行動をとったのかを確認することができます。リスティングのインサイトに個別にアクセスすることも、まとめてアクセスすることもできます。

参考:Googleマイビジネスヘルプ ー「インサイトについて

2.GMBのインサイトデータの最新情報

Google社はGoogle検索とGoogleマップに関する最新のパフォーマンスインサイトを公​​開し、ユーザーとのやり取りの詳細なレポートを提供することを発表しました。このレポートには、一定期間のインタラクションの総数と、Googleユーザーから開始された通話とメッセージの内訳が含まれます。指標は月単位で提供され、前年の同時期と比較することができます。

今後もユーザーが管理しているGMBページをどのように発見するかをより深く理解できるように、より多くの指標を展開するとのことです。そして今後はユーザーがGoogleで管理しているGMBページを見つけるために使用した検索クエリの更に詳細なリストが表示されます。

また、来年の初めにはパフォーマンスページの更新が表示され、ユーザーがGoogleマップまたは検索を介してあなたのビジネスを見たかどうか、およびコンピューターまたはモバイルデバイスから見たかどうかが示されます。すべてのパフォーマンスデータは、最大6か月間利用することができ、数値を掘り下げることができます。

参考:Googleー「顧客とつながり、理解するための新しい方法

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はインサイトデータの最新情報についてご紹介しました。Google広告やGoogleアナリティクスなどと比べ、GMBページはインサイト情報が大まかなものが多かったですが、このように随時インサイトの項目がアップデートされることで更に詳細にGMBページの分析を行うことができます。

 

店舗運営をされている中でGMBページの運用やローカル検索広告の運用に手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。GMBページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

 

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、GMBや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方は下記のURLよりサービスページをご覧くださいませ。

 

・Canlyサービスページ

https://jp.can-ly.com/

資料請求・お問い合わせ